任意保険継続

運転者限定特約で見直す!

任意保険を安くする方法として、運転者家族限定することで割引が適応され、ほとんどの任意保険で
利用できる特約の一種ですのでご紹介します。

 

保険というと人に掛けるものと思われがちですが、自動車保険のにおいては個々の車を対象としています。
つまり、運転者に限定がなければだれで自動車保険が適用されるのです。
仕事で使う車などは、常に運転者は変わるでしょうし、自分の車を友人に貸すということもあります。

 

このように不特性多数の人が車を運転すると、運転技術もバラバラ!
事故などを起こす確率が高まるのです。

 

この運転する人を限定することで事故リスクは低くなります。
そこで家族間の利用において自家用車では運転手を限定すればリスクを軽減させる特約を設け、
保険料を割安にしているもが、「運転者限定特約」です。

 

運転者の限定には下記の通り3種類あり

 

1.運転者本人限定
2.運転者家族限定
3.運転者本人・配偶者限定

 

個人の自動車の利用状況に合わせて選ぶといいでしょう!

 

それと限定を付けて契約して場合それ以外の人がに自動車を運転した場合は保険の不払いという大きなリスクを
生むことになりかねないので十分にご注意下さい。

 

本人限定にすると、例えば友人と長距離ドライブに行くのに一人で運転するとなると大変ですよね。
このような時でも、

 

フォローする特約があり、「他車運転危険担保特約」「臨時運転者特約」などがあります。

 

私も本人限定で、弟に私の車を運転してもらう時があります。
弟も車を所有、任意保険に加入しているので有事の際は「他車運転特約」を利用する形になります。

 

はじめに「自動車保険のにおいては個々の車を対象」とお伝えしましたが「他車運転危険担保特約」においては、
運転者(被保険者)が他人の車においても対象とし、契約自動車とみなしているので例外的な特約ですね。

 

 

利用者500万人突破!インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険 見積もり